出会えるアプリ

出会えるアプリ徹底調査!

本当に出会えるアプリ2つのパターン

machingu

 

かつての出会い系サイトにはサクラに騙されるという悪いイメージや近寄りがたい雰囲気がありました。でも、今は「マッチングアプリ」という言葉が使われて、より気軽に飛び込みやすい空気がありますよね。

 

事実、本当に出会えるアプリには、今までは出会い系サイトに手を出さなかった人達が、こぞって参加しているのです。ただし!

 

依然としてサクラを使って騙す悪徳サービスが後を絶ちません。むしろ、健全なマッチングアプリを装いながら、スマホユーザーを騙す「出会えないアプリ」はどんどん増えています。特に無料を装ったGPS連動型のチャットアプリは正にその典型と言っていいでしょう。

 

ガラケー時代にも「出会えるサイトは全体の5%にもない」なんて言われていましたが、その状況はスマホ時代の今も変わりません。本当に出会えるアプリはやはり全体の5%もないと言っていいでしょう。

 

出会えるアプリとは?

apuri今、本当に出会えるアプリはズバリ、運営10年以上続いている老舗の出会い系サイトが提供するポイント制マッチングアプリ、もしくはFacebookアカウントがないと登録できない新しい定額制マッチングアプリの2つです。

 

まず、前者はガラケーの頃からちゃんと出会える環境を提供していたサービスが、スマホに対応したパターンです。このタイプのマッチングアプリの代表はワクワクメールやPCMAXなど。スマホでも依然としてサクラを使わず、ガチで出会えるコミュニティ作りに注力し続けています。

 

ただ、会員の質を考えると、よりオススメなのは後者のFacebookアカウントで登録する定額制マッチングアプリです。こちらは老舗とは全く逆で、2012年に誕生したばかりの新しいサービス。代表的なのはペアーズやOmiaiですね。

 

なぜ、ペアーズやOmiaiの会員の質が高いかと言えば、本名での活動が基本の「Facebook」と連動している点が1つですが、もう1つは本人確認を厳しく行っているため。

 

従来の出会い系も年齢確認を行っていたのですが、身分証の氏名は隠してOKでした。でも、ペアーズでは氏名も開示しなくてはなりません。Omiaiは更に厳しく、身分証の全ての情報を開示しなければならないのです。

 

そのため会員の身元がしっかりしていて、真面目に恋活をしている可能性が高いわけです。

 

先述のGPS連動型チャットアプリはサクラが大量で出会えませんし、無料をうたっていても「登録無料」だったり、誰に届くか分からない「ランダムチャット」がメインなだけ。法外な料金を吹っ掛けられるのがオチ。騙されてはいけません。

 

出会えるアプリは、今回挙げた2つの有料マッチングアプリに尽きるのです。